新しい物好き!!TOP ≫  社会 ≫  押尾学被告裁判「客観に徹した」

押尾学被告裁判「客観に徹した」

芸能人被告初の裁判員による裁判、どうしても芸能人だから特別な目で見てしまいますよね。
皆さん立派です!!

【「客観的事実を見ることに徹した」「被告が一般人でも同じような判決になったと思う」。
判決言い渡し後、裁判員6人(男性4、女性2)、補充裁判員3人(男性3)全員が記者会見に臨んだ。
9人は有名人であることによる審理や判断への影響を否定、かつての人気俳優と向き合った初公判から判決までの15日間を振り返った。
(毎日新聞)】

この判決に押尾被告はどう感じたのでしょうか?
コメント
コメント投稿フォーム:
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
Copyright (C) 新しい物好き!!. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。